[大和] 和型墓石 尺壱寸角
[大和]和型墓石 尺壱寸角
[大和]和型墓石
江戸時代から広く用いられている伝統的で最も普及している墓石です。
一番上に家名などを彫る竿石、次いで上台石、中台石、そして一番下に芝石(下台石)といわれる敷石を置いた四段構造(和型四段構造)が基本構造です。サイズは、地域によってさまざまですが、長野県南部地方では竿幅1尺1寸が一般的です。
All Rights Reserved,Copyright© KARAKIYA SEKIZAI KOUGEI LIMITED 2009